愛知県名古屋で舞台制作における照明、映像、音響、演出や各種イベント、制作物の企画・制作・運営(イルミネーション、プロジェクションマッピング)のことなら若尾綜合舞台にお任せください。

  • BLOG
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE

STAFF BLOG WAKAO STAGE CRAFTS

2016.08.31

〔第2弾〕社員インタビュー

皆さんこんにちは!

4月に入社致しました、技術1部 制作技術1課 小出 育美です。

同じく、制作技術1課 開 美緒です。

 

社員インタビュー第2弾は、照明1課 西脇 美緒さんです。

 


 

008★2

西美緒 女性

技術2部 照明1

勤務年数:3

卒業:岐阜大学

 


 

 

いつもクールな印象の西脇さん。今回のインタビューでは普段あまり知る機会が無い

プライベートな部分も聞いていきたいと思います。

それでは、よろしくお願いします!

 

 

■Q.この仕事を始められたきっかけは何ですか?

高校・大学と演劇部で裏方を担当していた為、学生時代から舞台スタッフの仕事に興味がありました。
しかし、そういった仕事の募集は就職サイトでは見つかりにくく、
全く別の仕事に就こうと考えていました。

そんな時、転職活動中の姉が偶然見つけて紹介してくれた会社が若尾綜合舞台。
興味が湧いたのですぐに調べ、会社のホームページを見ているうちに
「面白そうな仕事だな」と思い応募しました。

 

■Q.現在の主な仕事、センター(客席の最後尾からピンスポットライトという照明を操作するポジション)チーフとしてのやりがいを教えて下さい!

センターチーフはどのように演者に光を当てるかを決める事が出来る、重要なポジションです。
光の当て方によって演者の見え方は大きく変わるので、
自分の感性をそのまま舞台上に表現出来る事がこの仕事の醍醐味です。

 

 

■Q.西脇さんはステージポジション(舞台上の照明を動かし、セット転換を行うポジション)も経験されていますが、センターとステージではどのような違いがありますか?

 

ステージ上では照明だけでなく大道具や音響のスタッフ、出演者の方々等、
沢山の人が一緒に仕事をしています。
その為、他部署同士の協力がセット転換の成功の鍵となります。

センターポジションは、周りとの連携はもちろん大切ですが、最後に頼れるのは自分の技術力。
自分の技術的な成長が分かりやすいのも特徴の一つだと思います。

 

■Q.仕事で落ち込んでしまった時にどのように立ち直っていますか?

芝居やミュージカル、好きなアーティストのライブ映像等、照明が存在している映像を観る。
「自分もこういう照明デザインが出来るようになりたい!」と思う気持ちが、
次からまた頑張る力になります。

 

■Q.3年間様々な現場を経験され、目標や夢などがあれば、聞かせて下さい。

ピンスポットの技術をもっと磨いて、先輩方のように上手になりたい!

また、「自分の技術に満足しない人」になりたいです。
これは、同じ照明1課(舞台照明を担当する課)の先輩社員で
長年センターポジションを務める長尾さんの言葉です。

私は長尾さんの技術力や、センターポジションに対する気持ちをとても尊敬しています。
長尾さんのように、どれだけ高度な技術を持っていても自分の仕事に満足せず、
努力し続ける人になりたいです。

 

小出:とてもかっこいいです!先輩の存在は大きなものですね。

 

■Q.西脇さんにとって、先輩とはどのような存在ですか?

先輩方は、とても頼りになる存在です。
仕事がうまくいかず落ち込んでいる時にはご飯に連れて行ってくれたり、連絡をくださります。
仕事だけでなく、プライベートで悩んだ時も気にかけてくださるので、
つい何でも相談してしまっています。

 

開:プライベートの相談も乗ってくださるなんて、素敵な関係ですね。

 

■Q.西脇さんの代は同期同士の仲が特に良いと伺ったのですが、実際のところ、同期とはズバリ、仲良しですか?

仲良し…(笑)うん、仲は良い方だと思います。
プライベートではよくご飯へ行ったり遊びに行ったりしています。
でも、仲が良い分お互い遠慮がないので、現場仕事中に同期同士で話していると自然と口調が強くなり
喧嘩しているんじゃないかと周りに心配をかけてしまう事もあります。(笑)

 

小出:私達の代もそれくらい言い合える仲を目指したいです!

 

では、ここからはプライベートな質問をしたいと思います!

■Q.お休みの日は何をされていますか?

フラッと一人で出かける事が多いかな。買い物も一人で行くことが多いです。
ちょっと前までは休みの前日にレイトショーへ行く事がマイブームでした。

二人は何をしているの?

 

開:私も買い物が多いですね。あとは、一人暮らしなので家事をします!

小出:私も映画に行ったり、友達とご飯を食べに行ったりしています。

 

■Q.趣味や、熱中している事はありますか?

趣味を見つけようと思って着付け教室に通い、着物を一人で着られるようになりました。

私はまだ着るのに時間が掛かるけれど、慣れている人は15分程で着付けられるんだって。

 

小出:女性らしい、素敵な趣味ですね。

ここまで、西脇さんの仕事に対する思い、公私の切り替えについてお伺いしました。

ここからは、同じ女性としてとても興味深いお話を聞かせて頂きます。

 

最初に、この度ご結婚された西脇さん、おめでとうございます!

■Q.仕事は続けられますか?お子さんについては、どうお考えですか?

仕事は好きなので続けます!

子供はもちろんほしいけど、時期は未定かな。

自分一人の問題ではないので、会社の方々や家族と相談しながらゆっくり考えます。

 

 

■Qご結婚されるにあたって、先輩社員に相談はしましたか?

同じ課の先輩方に相談しましたよ。

上司への報告はいつ頃したら良いか、親への挨拶のタイミング、式は挙げるか等、
細かい事まで色々と教えて頂きました。
ご結婚されている女性社員が身近に多くいらっしゃり、相談しやすい環境で本当によかったと思います。

 

仕事も楽しみ、結婚もされる西脇さん、キラキラしています。

私たちが結婚する時は西脇さんに相談します!

 

では、最後に

■Q.私達へのアドバイス等があれば、お願いします!

早く仕事に慣れるには、先輩達が何をやっているのかをよく観察して真似することが大切だと思います。
また、同期全員が一緒に仕事が出来るのは一年目だけなので、
今のうちにしっかりと情報共有して基本的な会社のルールを身につける事も大切だよ。

 

最後に、よく笑うこと!今は未だ緊張してそんな余裕は無いかもしれないけれど、
笑顔だと話しかけられやすいから、先輩方と沢山お話しできるきっかけになると思います。

 

 

クールな印象があった西脇さんですが、今回のインタビューでは終始笑顔で話してくださり、私達も楽しい時間を過ごす事ができました。

新婚生活について、またお話を聞かせて下さい!

 

西脇さん、ありがとうございました!

 

 

 

検索