愛知県名古屋で舞台制作における照明、映像、音響、演出や各種イベント、制作物の企画・制作・運営(イルミネーション、プロジェクションマッピング)のことなら若尾綜合舞台にお任せください。

  • BLOG
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE

STAFF BLOG WAKAO STAGE CRAFTS

2017.06.26
営業

提案内容の変化

当社は、業種別に区分をすると、イベント業やサービス業にカテゴライズされますが、

クライアントへ提供するサービスがこの数年間で変わってきていると感じることが多くあります。

 

過去には「この案件内容はこうするべきだろう」と定型のカタチがありましたが、

そこに新たな価値要素を付加することを求められるケースが増えており、

イベントや催事に来場する側の人が主体的に参加をする・体験をすることをギミック的(または骨子として)に

提案内容に盛り込んでいます。

 

具体的には、体験価値として「デジタル技術を用いて来場者が双方向にイベント内容を体験してもらう」

という提案を展開し、新たな価値体験が来場への誘引や

動機付け、没入感を生成することになりますが、立案の段階ではいつも悩んだり議論が分かれたりと紛糾します。

例えばクライアントに対して…

イベント参加者の個人のデジタルリテラシーに左右されるため、どこまで突っ込んで提案してよいのか?

デジタル系のギミックは、クライアントに対しては見栄えは良いが、参加者皆が楽しめる企画にまで練り込まれているか?

「最新」とか「先進性」等をキーワードにした提案は、提案者側の自己満足になっていないか?

 

これまでの提案内容については、「マス」の意識を重要視していましたが、最近では、

「マス」を意識しながら「個」への配慮をしなければなりません。

そのうえで、全体としてクオリティを担保して企画を仕上げることは企画立案時に最も気を使います。

 

ライフスタイルの変化が当社の提案内容にも大きく影響を及ぼしており、これが正解といった答えがないような気がします。

これは、当社にとっては提供するサービスの幅が大きく広がり、各メンバーがより高い向上心をもつという意味でも大変喜ばしいことです。

世間一般をみても、「モノ消費」から「コト消費」へシフトしており、当社が提案できそうな場面はまだまだたくさんあると思っていますが、私たち自身が気づいていないことも多いと感じています。

 

当社のメンバーの意識を高めて、これまで以上に良い提案ができるように頑張りたいと思います。

 

営業部

コメントを残す

検索