愛知県名古屋で舞台制作における照明、映像、音響、演出や各種イベント、制作物の企画・制作・運営(イルミネーション、プロジェクションマッピング)のことなら若尾綜合舞台にお任せください。

  • BLOG
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE

STAFF BLOG WAKAO STAGE CRAFTS

2017.07.31
進行

一歩ずつ、成長しています

こんにちは。
暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今は発表会シーズンということもあり、当社も繁忙期に入っております。
今年の新入社員も、その中で日々奔走しています。
そこで、本日は大道具を担当する進行課として動いている、

3名の新入社員の成長ぶりをご紹介したいと思います。

 

「基本的な技術力の底上げ」を今年度の目標にスタートを切った彼らですが、

まずは現場で使用する機材の名称や持ち運び方、工具の扱い方から覚え始めました。
今は現場に出ながら、当社の倉庫にてダンスマットを敷いたり台を組んだりする研修を積んでいます。

作業手順が中々理解できなかったり、研修でできても現場に出ると周りのスピードについていけなかったりと、様々な苦悩があるはずです。

しかし、その中でも、「倉庫内の機材の置き場所が分かってきた」「以前よりダンスマットを早く巻けるようになった」など、小さな達成感が得られるようになってきた様子です。


このように、日々様々な技術を習得しようと奮闘している彼らですが、もう一つ努力していることがあります。それは、「他者への気遣い」。

覚えることが山ほどあるうちは、どうしても周りが見えなくなりがちです。

しかし、舞台の仕事は、どうしても時間との戦いになってしまうもの。

その状況の中で上手く立ち振る舞えるよう、

今の段階から人との接し方を意識して日々の仕事に取り組んでいます。

その姿勢を一人前になっても忘れないようにしてほしいと思います。


入社当初からできるようになったことがうんと増えてきましたが、彼らの更なる成長に期待し、

今後もバックアップに努めていきたいと思います。

 

進行課

2017.07.07
若手社員奮闘記

若手社員奮闘記 第4話



■前回のあらすじ

打ち合わせ内容を受け、新人美術デザイナーの

佐藤は、舞台セットのデザインをし始める。

 

2017.06.26
営業

提案内容の変化

当社は、業種別に区分をすると、イベント業やサービス業にカテゴライズされますが、

クライアントへ提供するサービスがこの数年間で変わってきていると感じることが多くあります。

 

過去には「この案件内容はこうするべきだろう」と定型のカタチがありましたが、

そこに新たな価値要素を付加することを求められるケースが増えており、

イベントや催事に来場する側の人が主体的に参加をする・体験をすることをギミック的(または骨子として)に

提案内容に盛り込んでいます。

 

具体的には、体験価値として「デジタル技術を用いて来場者が双方向にイベント内容を体験してもらう」

という提案を展開し、新たな価値体験が来場への誘引や

動機付け、没入感を生成することになりますが、立案の段階ではいつも悩んだり議論が分かれたりと紛糾します。

例えばクライアントに対して…

イベント参加者の個人のデジタルリテラシーに左右されるため、どこまで突っ込んで提案してよいのか?

デジタル系のギミックは、クライアントに対しては見栄えは良いが、参加者皆が楽しめる企画にまで練り込まれているか?

「最新」とか「先進性」等をキーワードにした提案は、提案者側の自己満足になっていないか?

 

これまでの提案内容については、「マス」の意識を重要視していましたが、最近では、

「マス」を意識しながら「個」への配慮をしなければなりません。

そのうえで、全体としてクオリティを担保して企画を仕上げることは企画立案時に最も気を使います。

 

ライフスタイルの変化が当社の提案内容にも大きく影響を及ぼしており、これが正解といった答えがないような気がします。

これは、当社にとっては提供するサービスの幅が大きく広がり、各メンバーがより高い向上心をもつという意味でも大変喜ばしいことです。

世間一般をみても、「モノ消費」から「コト消費」へシフトしており、当社が提案できそうな場面はまだまだたくさんあると思っていますが、私たち自身が気づいていないことも多いと感じています。

 

当社のメンバーの意識を高めて、これまで以上に良い提案ができるように頑張りたいと思います。

 

営業部

2017.04.25
若手社員奮闘記

若手社員奮闘記 第3話

■前回のあらすじ

主催の先生の想いを受け取った

新入社員田中は、

各セクションと公演についての打合せを行う。

2017.04.21
数字でみる若尾綜合舞台

数字でみる若尾綜合舞台 ②

2 / 512345

検索