愛知県名古屋で舞台制作における照明、映像、音響、演出や各種イベント、制作物の企画・制作・運営(イルミネーション、プロジェクションマッピング)のことなら若尾綜合舞台にお任せください。

  • BLOG
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE

STAFF BLOG WAKAO STAGE CRAFTS

2016.10.14

社員 奮闘記

みなさんこんにちは。制作技術1課の磯野です。

今回は音響スタッフとして働く私が、これまでに経験した中で最も印象に残っている現場について振り返りたいと思います。

 

8月25~28日の4日間、「日本ど真ん中祭り」の音響の仕事を担当しました。

初めての屋外現場の為、何日も前からとても楽しみでした。

 

ど真ん中祭りでは走行する地方車(装飾したトラックの事です。)の荷台に乗り、音響機材の操作を行います。

2日間ある準備期間にスピーカー等の機材の積み込みやパネル装飾を行い、一から地方車を組み立てます。

男性なら4名で運ぶ巨大スピーカーも、力の無い女性スタッフは協力して倍の人数で持ち上げます。

また、屋外現場は雨天時の対策も行います。

雨で濡れ故障せぬよう、ブルーシートやビニールで隙間無く機材を覆います。

自分が乗る場所の前後左右もビニールで覆うので、トラックの荷台は秘密基地のようになっています。(笑)

 

P1310356★P1310378

 

今回は、私含む3名のスタッフが同じ現場に入り、一名につき一つの持ち場を担当しました。

今までの現場では先輩が近くにいてくださった為分からない事はすぐに質問ができましたが、トラックという独立した空間では「自分の持ち場の音響については、自分の力で成功させなければ」という責任を感じ、緊張が高まりました。

 

本番の流れや注意点、トラブル時の対処法等を十分すぎる程何度も先輩に確認し、いよいよ本番です。

 

踊り手の方々のスピードに合わせ、大通りをゆっくりと地方車が進みます。

何十組もの踊りのチームが出演するので、何往復も繰り返します。

前半は先輩のフォローがありましたが、後半は一人で踊り手の方との打ち合わせや音響機材の調整ができるようになりました。

 

先輩のように熟練の技術や対応力がない分、「とにかく元気に、爽やかに」を心掛け踊り手の方々に120%のやる気で対応をしました!

初めて自分の判断で仕事が進んでいる事を感じ、今までに無い程のやりがいを感じました。

 

DSCF2728★DSCF2755これ

DSCF2699星これ

 

一度だけCDが途切れ焦りましたが、幸い先輩が近くにいらっしゃった為、素早く対処していただけました。

多少のトラブルでは全く動じず、私を落ち着かせようと声をかけてくださる先輩がとても頼もしく、憧れが一層強くなりました。

来年のど真ん中祭りでは私が後輩のピンチを救えるよう腕を磨いていきます!

 

最終日には寂しさを感じる程、充実した現場でした。

2016.10.05

〔第3弾〕社員インタビュー


皆さん、初めまして!

技術1部 制作技術1課 磯野瑠奈です。

 

社員インタビュー第3弾は制作技術1課の菅田明香さんです。

 


 

IMG_4480新IMG_3844

 

 

 

 

 

 

 

 

菅田 明香 (女性)

技術1部 制作技術1

勤務年数:2

卒業:愛知教育大学

 


 

普段は愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボス アートシアターに常駐している菅田さん。

今回はお忙しい中本社にお越しくださりインタビューに答えてくださいました!

 

■Q.早速ですが、この仕事を選ばれた経緯を教えて下さい。

   小さい頃から歌や楽器の演奏が好きだったので、高校生の頃までは音楽教師になろうと思っていました。

   しかし、進学した教育大学の授業の一環で舞台の裏方を体験する機会があり、

   それがきっかけで舞台裏の仕事に興味を持ち始めました。

   生徒だけでゼロからミュージカルを作るという内容の授業で、

   多くの方と協力し舞台を作り上げる事にとてもやりがいを感じた事を覚えています。

   最後まで教師の仕事と迷ったのですが、裏方への興味が勝ちました!

 

磯野:音楽教師を目指されていたのですね。

確かに菅田さんは、小学校の先生のような優しい雰囲気を感じます!

 

■Q.現在の菅田さんのお仕事について聞かせてください。

   愛知県蒲郡市の「ラグーナテンボス アートシアター」というテーマパーク内の劇場に常駐しています。

   アートシアターは今年の4月末に開場した劇場で、私は劇場の立ち上げ準備が始まった4月上旬より

   照明や音響を操作する運営スタッフとして現場に入りました。

   主にハウステンボス歌劇団によるショーの運営を行っていますが、

   プロジェクションマッピングやキャラクターショーの照明、音響を担当する事もあります。

   照明の仕事ではピンスポット(演者を照らすスポットライト)の操作を担当しており、

   ラグナシアに来るまでは先輩から教えてもらう立場でしたが、

   今は新人のスタッフの方々に教える立場へと変わり、日々奮闘しています!

 

磯野:1年で教える立場へと変わったのですね。

私も今後、後輩へしっかりと仕事を教えていけるよう頑張らないと。

 

■Q.入社前は舞台の知識はほとんど無かったと伺いましたが、どのように仕事を覚えていかれたのですか?

   入社1年目は主に名古屋の「中日劇場」という現場に入っており歌舞伎や宝塚歌劇、ミュージカル、

   コンサート、時代劇など幅広いジャンルの公演でピンスポットをひたすらこなし、訓練しました。

   練習中や本番時、ピンスポットを操作する私のすぐ後ろに先輩が付きアドバイスをくださったり、

   時間に余裕がある時は先輩方が舞台の上を歩いてくださり、それを光で追う練習をしていました。

   先輩方が徹底的にサポートをしてくださるので入社後の一年でできる事がうんと増え、

   ピンスポットを担当する面白みも少しずつ知ることができました!先輩方にはとても感謝しています。

 

磯野:歳が近い先輩も多いので、悩んだ時も相談がしやすいですよね。

 

■Q.この仕事をしていて良かったなと思う事を教えてください。

   アートシアターでの仕事がきっかけで初めて後輩に仕事を教える立場となり、

   以前より責任を感じるようになりました。正直その分大変な事や辛い事も増えたと思います。

   しかし、日々の苦労が増えただけ達成感を感じる事も多く、

   新しいショーの初日を終えた時は泣きそうになるほど嬉しいです。

   この瞬間は、この仕事でないと味わえないだろうなと日々感じています。

 

   あとは…周りの方に仕事の話をすると興味を持って聞いてもらえる事が、得する事かなと思います。

   有名人にお会いする機会も多く比較的珍しい仕事だと思うので、

   友達や家族も興味深々に話を聞いてくれます。

 

■Q.では、今までで一番大変だった仕事は何ですか?

   1年目の12月に照明スタッフとして携わったオペラの現場ですね。

   約2週間の現場で、普段は6人程で現場に入るのに対し、私含め4人という少人数での現場でした。

   私以外はベテランの方ばかりで、

   いつもは先輩と一緒に行なうフォーカシング(明かりを当てる位置を決めること)や

   仕込み(開演するための機材の準備の事)も「新人の私が早く仕事が覚えられるように」と

   優先的に難しい作業に挑戦させてくださいました。

   その現場のおかげで、フォーカシングの作業が少し早くなったり先回りして動けるようになったりと、

   照明スタッフとして成長できたように思います。

 

磯野:私も仕事が上手くいかない事もあり苦戦しますが、

すべて自分の成長に繋がると思えば頑張れます。

 

■Q.突然ですが、先輩や同期の方々との関係を教えてください!

   1年目の時は中日劇場で毎日一緒だった先輩方がよくご飯に連れて行ってくださり、

   仕事の話を聞いてくれました。

   現場が離てれしまった今でも気に掛けてくださり、仕事が順調かを心配して連絡をくれたり、

   ラグナシアまで遊びに来てくださいます。

   同期は、私の代は所属の課がバラバラなのでゆっくり話す機会があまり取れませんが、

   たまに集まってご飯に行くと終電間際まで仕事の話をしています!

 

磯野:仕事内容が違っていても、同期同士は不思議と話が合いますよね。

私も同期とご飯に行くと話が止まりません(笑)

 

■Q.今後の目標は何ですか?

   今年から初めて仕事を教える立場になり、後輩指導の大切さや難しさを日々感じています。

   一年目は自分が成長する事ばかりを考えていましたが、

   今は後輩それぞれの性格の違いや仕事を覚えるスピードを気にかけながら仕事をしなくてはなりません。

   しかし、自分に余裕が無いとつい感情的になり態度に出てしまう事があります。

   時には叱ることも必要ですが、筋の通った指導ができるよう技術と共に中身も磨いていきたいです。

   そして、自分や後輩達がさらに良い雰囲気で仕事ができる環境を作っていきたいと思っています。

 

磯野:私も菅田さんの思いをこれからできる後輩達へ受け継いでいきたいです。

菅田さん、本日は沢山のお話を聞かせてくださりありがとうございました。

 

今回初めてお話させて頂きましたが、初対面の私のインタビューに丁寧に答えてくださる優しい先輩でした。

現場でお会いする機会は少ないですが、またの機会にラグーナテンボス アートシアターに遊びに行きたいと思います!

2016.08.31

〔第2弾〕社員インタビュー

皆さんこんにちは!

4月に入社致しました、技術1部 制作技術1課 小出 育美です。

同じく、制作技術1課 開 美緒です。

 

社員インタビュー第2弾は、照明1課 西脇 美緒さんです。

 


 

008★2

西美緒 女性

技術2部 照明1

勤務年数:3

卒業:岐阜大学

 


 

 

いつもクールな印象の西脇さん。今回のインタビューでは普段あまり知る機会が無い

プライベートな部分も聞いていきたいと思います。

それでは、よろしくお願いします!

 

 

■Q.この仕事を始められたきっかけは何ですか?

高校・大学と演劇部で裏方を担当していた為、学生時代から舞台スタッフの仕事に興味がありました。
しかし、そういった仕事の募集は就職サイトでは見つかりにくく、
全く別の仕事に就こうと考えていました。

そんな時、転職活動中の姉が偶然見つけて紹介してくれた会社が若尾綜合舞台。
興味が湧いたのですぐに調べ、会社のホームページを見ているうちに
「面白そうな仕事だな」と思い応募しました。

 

■Q.現在の主な仕事、センター(客席の最後尾からピンスポットライトという照明を操作するポジション)チーフとしてのやりがいを教えて下さい!

センターチーフはどのように演者に光を当てるかを決める事が出来る、重要なポジションです。
光の当て方によって演者の見え方は大きく変わるので、
自分の感性をそのまま舞台上に表現出来る事がこの仕事の醍醐味です。

 

 

■Q.西脇さんはステージポジション(舞台上の照明を動かし、セット転換を行うポジション)も経験されていますが、センターとステージではどのような違いがありますか?

 

ステージ上では照明だけでなく大道具や音響のスタッフ、出演者の方々等、
沢山の人が一緒に仕事をしています。
その為、他部署同士の協力がセット転換の成功の鍵となります。

センターポジションは、周りとの連携はもちろん大切ですが、最後に頼れるのは自分の技術力。
自分の技術的な成長が分かりやすいのも特徴の一つだと思います。

 

■Q.仕事で落ち込んでしまった時にどのように立ち直っていますか?

芝居やミュージカル、好きなアーティストのライブ映像等、照明が存在している映像を観る。
「自分もこういう照明デザインが出来るようになりたい!」と思う気持ちが、
次からまた頑張る力になります。

 

■Q.3年間様々な現場を経験され、目標や夢などがあれば、聞かせて下さい。

ピンスポットの技術をもっと磨いて、先輩方のように上手になりたい!

また、「自分の技術に満足しない人」になりたいです。
これは、同じ照明1課(舞台照明を担当する課)の先輩社員で
長年センターポジションを務める長尾さんの言葉です。

私は長尾さんの技術力や、センターポジションに対する気持ちをとても尊敬しています。
長尾さんのように、どれだけ高度な技術を持っていても自分の仕事に満足せず、
努力し続ける人になりたいです。

 

小出:とてもかっこいいです!先輩の存在は大きなものですね。

 

■Q.西脇さんにとって、先輩とはどのような存在ですか?

先輩方は、とても頼りになる存在です。
仕事がうまくいかず落ち込んでいる時にはご飯に連れて行ってくれたり、連絡をくださります。
仕事だけでなく、プライベートで悩んだ時も気にかけてくださるので、
つい何でも相談してしまっています。

 

開:プライベートの相談も乗ってくださるなんて、素敵な関係ですね。

 

■Q.西脇さんの代は同期同士の仲が特に良いと伺ったのですが、実際のところ、同期とはズバリ、仲良しですか?

仲良し…(笑)うん、仲は良い方だと思います。
プライベートではよくご飯へ行ったり遊びに行ったりしています。
でも、仲が良い分お互い遠慮がないので、現場仕事中に同期同士で話していると自然と口調が強くなり
喧嘩しているんじゃないかと周りに心配をかけてしまう事もあります。(笑)

 

小出:私達の代もそれくらい言い合える仲を目指したいです!

 

では、ここからはプライベートな質問をしたいと思います!

■Q.お休みの日は何をされていますか?

フラッと一人で出かける事が多いかな。買い物も一人で行くことが多いです。
ちょっと前までは休みの前日にレイトショーへ行く事がマイブームでした。

二人は何をしているの?

 

開:私も買い物が多いですね。あとは、一人暮らしなので家事をします!

小出:私も映画に行ったり、友達とご飯を食べに行ったりしています。

 

■Q.趣味や、熱中している事はありますか?

趣味を見つけようと思って着付け教室に通い、着物を一人で着られるようになりました。

私はまだ着るのに時間が掛かるけれど、慣れている人は15分程で着付けられるんだって。

 

小出:女性らしい、素敵な趣味ですね。

ここまで、西脇さんの仕事に対する思い、公私の切り替えについてお伺いしました。

ここからは、同じ女性としてとても興味深いお話を聞かせて頂きます。

 

最初に、この度ご結婚された西脇さん、おめでとうございます!

■Q.仕事は続けられますか?お子さんについては、どうお考えですか?

仕事は好きなので続けます!

子供はもちろんほしいけど、時期は未定かな。

自分一人の問題ではないので、会社の方々や家族と相談しながらゆっくり考えます。

 

 

■Qご結婚されるにあたって、先輩社員に相談はしましたか?

同じ課の先輩方に相談しましたよ。

上司への報告はいつ頃したら良いか、親への挨拶のタイミング、式は挙げるか等、
細かい事まで色々と教えて頂きました。
ご結婚されている女性社員が身近に多くいらっしゃり、相談しやすい環境で本当によかったと思います。

 

仕事も楽しみ、結婚もされる西脇さん、キラキラしています。

私たちが結婚する時は西脇さんに相談します!

 

では、最後に

■Q.私達へのアドバイス等があれば、お願いします!

早く仕事に慣れるには、先輩達が何をやっているのかをよく観察して真似することが大切だと思います。
また、同期全員が一緒に仕事が出来るのは一年目だけなので、
今のうちにしっかりと情報共有して基本的な会社のルールを身につける事も大切だよ。

 

最後に、よく笑うこと!今は未だ緊張してそんな余裕は無いかもしれないけれど、
笑顔だと話しかけられやすいから、先輩方と沢山お話しできるきっかけになると思います。

 

 

クールな印象があった西脇さんですが、今回のインタビューでは終始笑顔で話してくださり、私達も楽しい時間を過ごす事ができました。

新婚生活について、またお話を聞かせて下さい!

 

西脇さん、ありがとうございました!

 

 

 

2016.06.30

〔第1弾〕 社員インタビュー

皆さん、初めまして!

4月に入社致しました、技術1部 制作技術1課 青沼元希です!

同じく、制作技術1課 伊藤優奈です!

 

旧ブログで連載していました新入社員による『社員インタビュー』。

HPのリニューアルを機に、本日より再出発をいたします!

さらにグレードアップした内容を皆様にお届けできますよう

新入社員一同、一所懸命勤めてまいりますので

どうぞよろしくお願い致します!

 

さて、記念すべき第1弾は、技術2部 照明1課 柴田 愛さんへのインタビューです。

 


 

これ最終柴田さん

 

柴田 愛 女性

技術2部 照明1課

勤務年数:6年目

 


 

 

 

 

 

柴田さんは現在育休を取られており、子育て真最中。

今回は生後7ヶ月のお子さんを抱っこしながらインタビューを受けて頂きました。

それでは、よろしくお願いします!

 

■Q.早速ですが、このお仕事を選ばれた経緯を教えてください。

 

高校生の頃、ジャニーズが好きでよくコンサートへ行っていました。

コンサートを通じて舞台裏の仕事を知り、「ジャニーズと一緒に仕事ができるのでは?」
「なんか面白そう!」と漠然と興味を持ち始めたのがきっかけです。

その後、インターネットで舞台技術を学べる専門学校を見つけ、進学を決意。

学校を通じて若尾綜合舞台に出会い、最初はアルバイトとして舞台照明の現場に携わりました。

 

伊藤:私も柴田さんと同じ学校を卒業しました!びっくりです!(笑)

   ちなみに私の同期に、もう一人同じ学校出身の子がいますよ!

 

■Q.では、実際に入社してみてどう感じましたか?

私は専門学校で舞台照明の事を学んできたけれど、

先輩の中には未経験で始めた方も多くいらして、始めはそれが意外だったかな。

舞台について学んだ経験が無いという理由で、周りに引け目を感じる新人の子が多いけど、
実際、学校で習う事は現場で経験する事のほんの一部。

専門卒と未経験の人との差はそれ程無いと思っているよ。

初めは何も知識がなくたって、慣れればできるから大丈夫!

 

ズバリお聞きしますが、

■Q.この仕事のやりがい、魅力は何だと思われますか?

やっぱり、大勢の人を感動させられる事。お客さんから私達の姿は見えないので
直接拍手を貰えるわけではないけれど、
「絶対に成功させる」という強い想いを持って一つ一つの舞台と向き合っているので、
お客さんの歓声や拍手はとても励みになります。

 

青沼:僕たちは現場に出始めて未だ日が浅いですが、やっぱりお客さんの反応が良いととても嬉しいです。

 

続いて、誰もが気になる事だと思うのですが・・・

■Q.仕事を通してお会いした有名人はいらっしゃいますか?

産休に入る直前、ある有名な演歌歌手の舞台現場に入った時に

彼のお付きの方に「お腹触ってもらいなよ」と言っていただきました!

結局実現はしませんでしたが、有名な方に会える機会は沢山ありますよ。

 

■Q.お腹が出始めてから、少しの間現場に出ていらっしゃったとお聞きしましたが、

体力的に大変だったのでは?

確かに動き辛く、体力も落ちていたので出来ない事もあったけれど、特に困らなかったかな。

現場仕事というと、体力勝負というイメージがあると思うけど

若尾綜合舞台は女性技術者も多く活躍していて、皆、特別力持ちというわけでは無い。
だから、普段から力が無くても効率的に仕事が進められるよう工夫をしたり、
女性ならではの器用さを活かして作業をしている。

そういった習慣があるので、普段通りの力が出なくても
周りと協力しながら仕事をこなしていく事ができたよ。

 

伊藤なるほど。重い物が運べない女性でも、活躍する場は沢山あるんですね!

   それではここで少し、プライベートのお話も聞いていきたいと思います!

 

■Q.突然ですが、お子さんが生まれた時の感想を聞かせて下さい!

やっと生まれた!と思いました!(笑)

4~5ヶ月頃には、「100%女の子だね」と言われていたなぁ。

最近のエコーの写真は3Dで見ることができて、すごく立体的に顔や体を見ることができるんだよ。

当たり前だけど、その時に見た顔と全く一緒だ!と感心しました。(笑)

 

伊藤/青沼今の技術ってすごいですね!…隣のお子さんが。(笑)

(この時お子さんは、何かを言いたそうに柴田さんをずっと見ていました。

 笑顔が素敵なお子さんで、ますます場が和みました!)

 

■Q.初めての出産だったと思いますが、出産前に気を付けていた事や心掛けていた事はありますか?

毎日30分~1時間は散歩をするようにしていたかな。

仕事をしていた時は、毎日「会社に行く」っていう一定の動きがあったけど

産休に入ってからは自分から動こうと思わないと動かないからね。(笑)

 

環境の変化が大きく、子育てはとても大変という柴田さん。

ですが、「日々子供の成長を感じることができる」と

とても幸せそうにお話をしてくださいました。

多くの温かいエピソードをありがとうございました!

 

それでは、再び仕事の話に戻ります。

■Q.産休に入るにあたり、今後もこの仕事を続けていくかどうか迷われませんでしたか?

迷いましたよ。

復帰後は前みたいに俊敏に動けないだろうし、子育ての時間も確保しなくちゃいけないしね。
今後どうなっていくのかな?と今でも やっぱり不安はあります。

それでも仕事を続けようと思ったのは、舞台の仕事が好きだから。
それに、若尾綜合舞台は現場仕事だけではなく事務所でできる仕事も沢山あるので、
個人の事情に合わせて働き方を調整できる所も理由の一つかな。
私は出産ぎりぎりの時期まで働いたのだけど、
その時も自分が無理無くできる事務仕事をさせてもらっていたよ。

でも、いずれは以前のように思い切り照明の現場仕事をし、
この子にとってかっこいいお母さんになりたい!

 

伊藤:その意気込みが、かっこいいです!

■Q.復帰後の事について、悩んだ時はどうしていましたか?

周りに相談していました。

直属の上司である照明課の課長は女性の方なのですが、産休中は時々連絡をいただき、
復帰後の働き方についても親身に相談に乗ってくださりました。

前の話題に戻りますが、社員同士よい関係が築けている事も、復帰したいと思う理由の一つですね。

 

青沼:産休中も気にかけてくださるなんて、素敵ですね。

■Q.続いて、現場の仲間同士で仲が良いとお聞きしましたが、休日に仕事仲間と出かける事はありますか?

社員同士で遊ぶ事はよくあるよ。

産休前は、照明課のメンバーで集まって休日にお誕生日会などをやっていました。

この間は、先輩が子供に会いに家まで来てくれたよ!

協力して行う仕事が多いので社員同士が打ち解けやすい職場だと思います。

 

伊藤:私たちも、同期や一緒に働く先輩方とのつながりを大切に、

   これから良い関係を築いていきます!

 

 

■Q.最後に、後輩へのアドバイスをお願いします!

まだまだ覚える事はたくさんあると思うけど、

教えてもらえるのは今の時期だけだから、分からない事があれば

躊躇せず聞く事が大事だよ!

失敗する事もあると思うけれど、失敗も経験の一つ。
経験が多い程、後輩に教える立場になった時に、中身のある指導ができるからね。

 

柴田さん、お忙しい中ありがとうございました!

 

柴田さんとお会いするのは今回が初めてだったので、とても緊張しましたが

気さくな方で楽しくインタビューをさせて頂く事ができました。

復帰され、一緒に仕事ができる日を楽しみにしています!

ありがとうございました!!

 

2016.04.18

LED

LED電球は、一般家庭に徐々に浸透していますが、私どもの業界においても、その活用範囲は広がりを
見せています。劇場を新しく建てる場合や改修する場合、作業灯・客席電気などにLEDが導入

(または導入の検討)されることが一般的になりつつあります。
消費電力が少なく環境にもやさしいLED
メーカーさんによる機材開発の早さには目を見張るものがあります。舞台演出の照明効果としても、

今や欠かせないツールのひとつです。 

当社も既に数種類、LED機材を導入しており、日々、現場に出ています。

今回ご紹介するのは、防滴LED機材(商品名Liz-C)。

liz-C*

防滴なので屋外ライトアップにも適応。フルカラーを使用するとともに、ズーム機能も備えており、芝居、

コンサート、舞踊、イベントと、多様なジャンルの現場で活躍しています。

今後もLED機材開発は進み、今は想像できないような機材が登場してくることでしょう。

メーカーの皆さん、楽しみに待っております!

技術部照明課

4 / 512345

検索